前立腺肥大症

前立腺肥大症は
治療できる病気です

頻尿や残尿などの排尿障害を引き起こす前立腺の肥大は加齢により徐々に進み、50代から急速に増え始め、60歳までに50%、70歳以上で70%の方に肥大がみられる一般的な病気です。

近年、さまざまな治療法が確立されており、薬物療法をはじめ手術療法など、適切な治療を受けることによって改善が見込めます。

前立腺肥大症について詳しく知る

新着情報

2021.04.26 専門医からのメッセージVol.1・2・3を公開しました。

2021.04.26 『前立腺肥大症の治療.jp』をオープンしました。

監修医からのメッセージ

舛森 直哉先生
札幌医科大学附属病院 泌尿器科教授

前立腺肥大症の治療はさまざまな治療法が確立されており、近年は低侵襲な手術も一般的になっています。重症化すると深刻な合併症を引き起こす可能性があるため、適切な治療が重要です。適切な情報を得て受診し、症状にあった治療を受けていただくことにより、QOL(生活の質)の向上につなげていただきたいと思います。